AdRotateで403エラー-ロリポップレンタルサーバー-

カスタマイズ, WordPress, プラグイン , , ,

WordPressの広告管理プラグインで有名なAdRotateの設定変更(広告を入替え)しようと思い作業していたら、403エラーが発生。これは、ロリポップサーバーに実装されているWAFが原因でした。

Adotateとは

簡単にいうと、Wordpressに貼り付ける広告を管理するのに、チョー便利なプラグインです。
プラグインページ
プラグインの使い方は、ネットでお調べを。たくさんでてきます。

いきなり403エラー

Adrotateに登録している広告を登録しなおそうと「設定ボタン」をポチっとおしたら、

HTTP 403エラー
閲覧禁止でっせ

設定を何回か保存を試みようとしても同じ。

原因は、ロリポップのWAF設定

WAFとは、ウェブアプリケーションファイアウォールのことで、簡単にいうと、不正アクセス防止です。
ロリポップのWAFの解説に関しては、こちら

この機能、以前にも問題になっていたよな気が・・・。なんでもかんでも弾いてしまう強固な番人状態だったと記憶してしまいます。

セキュリティ的には、OKなんですが、サイトを編集する側としては、めんどい。

WAFをOFFにすれば、問題なくAdrotateの設定を行うことができました。

ロリポップのレンタルユーザーで、403エラーが出た場合は、まず、WAFを無効にしてみてください。
それで、だめなら・・・・Google先生に・・・。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA