WordPressの高速化するであろう設定を行ってみた

カスタマイズ, WordPress, プラグイン ,

MovableTypeの際にもありましたが、WordPressを標準で使うとサイトの表示が遅くなってしまうとのこと。そこで、サイト表示が遅くならないようにするためにいろいろプラグインを入れたり、ファイルをいじってみたりしました。ただ、格安のレンタルサーバーでの運用をしているため、劇的にはかわらないと思うし、記事もたいした量ではないのですぐには実感がわかないと思いますが・・・。

それでは、本サイトで導入したプラグインやファイルの設定に関してです。使い方や設定に関して、参考にしたリンクに記載されている設定のままです。

Head Cleaner

ヘッダー内にゴチャゴチャになっているソースコードを綺麗に整頓・最適化してくれるプラグイン

参考にしたサイト

Lazy Load

画像の読み込みを後回しにして、まずは、サイト全体を読み込み速度が向上されるらしい

参考にしたサイト

W3 Total Cache

高速化するのにあたり、定番中の定番のプラグインらしい。ただ、このプラグインを使う際、スマホ向けのテーマなどがうまく見れないらしい。その回避に関しては、参考サイトの1番目をご覧ください。

参考サイト

WP-Optimize

データベースのデータをお掃除するプラグイン

EWWW Image Optimizer

画像を投稿したら自動で圧縮してくれるというプラグイン。

参考サイト

ここまでは、プラグインによる高速化です。
次に、WordPressのファイルを修正して高速化などを行ったことです。

リソースを圧縮

サイトの表示スピードは、Google先生の評価に直結します。そこでGoogle先生のサイト評価するPageSpeed Insightsにサイトを評価していただいたところ、リソースを圧縮すれば、もっと良くなるよとご指導をうけました。そこで参考サイトをもとに「.htaccess」に圧縮が有効になるように設定をしました。

参考サイト

絶対パスを相対パスに

ページのソースコードを見ると、スタイルシートのリンクが「http://www.t.photo.jp」から始まっていてちょっと見栄えがわるいなと思い、相対パスのような表示になるようfunction.phpをいじりました。

参考サイト

ソースコードのCSSやJavascriptのURLに自動付加されるVrを非表示

なにやらソースコードを見ていると、cssやjavascriptのURLの末尾にバージョン情報が記載れている。たとえば、「widget.css?Ver=○○」。これは、高速化に影響があるらしい。そこで、末尾のバージョン情報をなくし「widget.css」になるように修正してみました。

参考サイト

 

以上、これらの作業を行ってみました。

とりあず、サイト評価を。

PageSpeed Insightsでは、「Speed 55→59」 「Suggestions Summary 58→65」
gtmetrixでは、「PageSpeed Score D→B」 「YSlow Score D→C」

結果としては、う~ん。いいのかわるいのかちょっとスコアがよくなったかも。
まぁ、低価格のロリポップのレンタルサーバーなので、高速化には限界があるかもしれないですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA