SiteOriginと相性の悪いプラグインがあるようだ

WordPress ,

本サイトは、SiteOriginのテンプレートを利用しています。
そのテンプレートと相性が悪いプラグインがありました。(2016.09.08時点)

テンプレートのカスタマイズ画面が真っ白

突然、テンプレートのカスタマイズを行うことができなくなりました。

最初は、Wordpress4.6.1へとアップデートされた影響なのか、レンタルサーバーの障害、キャッシュの問題なのかといろいろ調べてみました。

それでも、原因がわかりませんでした。

カスタマイズ機能は久々に利用したので、過去の設定などで影響がでているのでは?
と考えていました。

そうなると、何が原因かさっぱりわからない。

とりあえず、最近、プラグインを2つ入れたので、そこから無効などをして確かめてみようとしました。

そしたら、あっさり原因判明

原因は、メディアをフォルダわけできるプラグイン

WordPressのメディア管理は、ひとつのフォルダにガシガシと入れていくものです。

ただ、これはちょっと使いづらい。なぜならば、ブログ記事に使うメディアやアイキャッチ、固定ページなどに使うメディア、PhotoGalleryに使う写真などすべて同じフォルダ内に格納されてしまい、今後、メディアの数が増えていくと管理が大変。

メディアを目的ごとにフォルダ管理できればと思い、採用したのが

Media Library Assistant

こいつが原因でした。

プラグインの構造の問題なのか、SiteOriginの問題なのか未だわかりません。

しかし、Media Library Assistantを無効にしたら、カスタマイズができるようになりました。

あくまで、2016.09.08時点での問題です。もしかしたら、今後のアップデートで解消されるかもしれないです。

メディア管理は違う同機能のプラグインを採用

しかしながら、メディア管理をフォルダ毎にわけたい。プラグイン検索やネットでの評判で次のプラグインを導入しました。

Enhanced Media Library

このプラグインだと、カスタマイズ機能は正常に働きました。

これで一安心!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA