ブログで商品を紹介するためのツールはこれを使っています

アフィリエイト ,

ブログで、自分がほしいものや気になったものをAmazonや楽天市場から紹介しています。各社のアフィリエイトツールを使って紹介することができるのですが、正直使い勝手がすごく悪いです。そこで、今使っているアフィリエイトツールを今後忘れないようにメモメモ。

Amazonと楽天市場で生成される商品のアフィエイトのテンプレートコードって、ちょっと融通が利かないというか、味気ない。まだ、楽天のほうは、少しは体裁をいじれるので、使えないことはないけど。

でも、それはあくまでし1つの商品に対してです。バナータイプやウィジェット系では素敵だと思います。レスポンシブに対応してくれれば・・・・。

今回は、1つの商品を紹介するツールに特化して紹介したいと思います。なぜなら、ほとんど1つの商品しか表示するツールしか利用していないので・・・。

サイドバーなどに、ランキングなどを複数の商品を掲載することもできますが、貼り付け方によってはごちゃごちゃしてしまう。そのため、GoogleAdsensのようなバナー広告がメインです。のちのちは、いろいろ貼り付けたいなぁって思いますが・・・。

アフィエイトでがっつり稼ぐという気持ちでやっていないので、そこまでしなくてもよいかなと。おそらくテストがてらもしかしたら、いろいろ表示されることがありますがあしからず。

今回、それぞれのツールで紹介する際にStingのアルバムを使いたいなと思います。なぜかというと、好きだから。そして、多少はこのつまらない記事の見た目がよくなるかなと。

まず、Amazonと楽天市場の公式ツールの場合

さて、本題ですが1つの商品を紹介する場合、Amazonと楽天市場が用意しているテンプレートを使います。たとえば、こちら。

Amazonの場合
画像のみや、テキストのみなどを選ぶことができますが、標準だろうと思うのがこれ。画像が小さい。画像のみにすれば大きさ多少は選べるけれども、限界がある。

楽天市場の場合
Amazonとは違い、画像の大きさや価格表示など細かい設定がしやすいのがいいですが・・・。コードにtableが使われている・・・。これがちょっと問題。サイトでtableのCSSなどを指定していると見事に影響を受けてしまう。詳しい人がいじれば、たいしたことはないと思いますが・・・ぱっとやるとなるとめんどくさい

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニューヨーク9番街57丁目 (デラックス) [ スティング ]
価格:3011円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

Amazon,楽天市場ともにカスタマイズに乏しいのがネック。

各社のAPIを使ったツールで見栄えが断然によくなる

そんな中、各社がAPIを公開しています。簡単にいうと、APIを利用するとAmazonや楽天のアフィリエイトの商品やサービスをカスタマイズ(商品の画像や価格情報などを呼び出すことができる)できますよってことだと思う。

そこで、私が利用しているのが、だいたい2つ。同じ人が開発しています。これが素敵なのは、テンプレートが豊富(自分でもCSSをカスタマイズ可能)であることと、Amazonと楽天などなどの複数のアフィリエイトリンクを生成してくれるところです。今まで、記事を「Amazonで探してみた」「楽天市場で探してみた」と分けていましたが、それが必要なくなることです。

ヨメレバ(書籍向け)

カエレバ(なんでもOK)

使い方は、各社のアフィエイトIDを登録するだけでOKです。設定の方法もページの説明に沿って行えば、登録サービスの数にもよりますが10分もかからないと思います。

そんなヨメレバ、カエレバを使うとこんな感じです。基本的には、デザインは一緒なのでカエレバで生成したものを紹介します。

見ていただくとわかりますが、Amazonと楽天へのリンクが表示されています。画像の大きさも変えれるのですが、なぜか、このT-PhotoSで使用しているテンプレートと相性が悪いのかスカホで綺麗に表示されません。

基本的には、このヨメレバ、カエレバを今後利用していく予定です。以前は、同様のツールであるamazlet itというツールを利用していました。こちらは、Amazonのみだったので楽天アフィリエイトも使いたいなと思い切り替えました。

ただ、Amazonで売っていて、楽天では売っていないものがあれば使い分けていくつもりです。

ランキングツールなどサイドバーなどに使えるサービス

今回は、1つの商品を紹介するための記事ですが、APIを使いランキングなどで表示することができるサービスがいくつかあります。

ラクポン・RakuPon

アマポン

Amaprop

他にもたくさんあります。ただ、ぱっとみ使いやすいのが上位3つかなと。

ガツガツ稼ぐ人は、APIなどを駆使しているんだと思います。簡単にやりたい人にとっては、今回紹介したサイトを利用するのが私も含め一番かなと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA