パラコードで編み物を!!と思い数年経った

ショッピング 

BE-PALというアウトドアの雑誌に、以前、長いパラコード(正式名:パラシュートコード)を編んでストラップコードのようにしたものが、ものの数秒でほどくことができ、ロープとしてすぐ使えるようになる方法が書かれていたのを思い出し、作ってみたいなとふと思いました。(2013年時点の記事を再編集)

Amazonでパラコードを購入~

いろいろ調べていたら、アメリカのほうでパラコードによるストラップなどを作るの人らがいるらしい。
ちなみに、Youtubeにも作り方がたくさん紹介されています。特に、TyingItAllTogether(YouTube)さんが一番有名らしいです。

Amazonで購入して届いたのがしたの写真

パラコード

パラコードは、軍隊とかアウトドア等でメインで使われているので、紹介している方がは荒くれ者というかガタイのいい方々がよくでています。
Amazonを除くと、何冊もパラコードの編み方の書籍が販売しています。ほとんどが洋書です。

とりあえず、インターネットで編み方を調べてみたのですが、やはり本がほしい。手元にあるとパラパラめくったりしてすぐに確認できるので。

そんなわけで、購入したのがパラコードクラフト パーフェクトブック です。Paracord Fusion Ties, Volume 1の翻訳版

パラコードクラフト パーフェクトブック
ジェイ・ディー・レンゼン
グラフィック社
売り上げランキング: 47,869

ひとつひとつ写真で手順が説明されているので、わかりやすいです。
また、応用例も多数紹介されているので何を作ろうかなと迷います。

そして2015年には2冊目が発行されているようです。

パラコードクラフト ミラクルブック
ジェイ・ディー・レンゼン
グラフィック社
売り上げランキング: 13,702

メーカーによって、柄などが違います。いろいろ調べてみましたが、自分の好きな色で選べばいいんじゃないかと思います。

今度こそ、作る!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA