避難所で貸し出されるあの防災毛布を家庭にも

アウトドア・災害時, GH開業の夢 

よく悪天候で空港が封鎖などで寝泊りしなければならないときや避難所で貸し出されたりするものといえば、毛布が思い浮かびます。自分の家などで、なにかあったときは普段使っている布団などがあるので苦労することはないですが、屋外でそのような状況のときは、車などには積んでおきたいものです。さらに、ゲストハウスを運営ってなったとき、交通手段が寸断されて自宅に帰れない人に開放するという可能でも緊急的に必要になるという、いざというときも考えられます。暑いときはあまり必要ないですが、寒いとき少しでも体が温かいと気が楽になるものかなと。

そんな防災グッズの毛布を探してみました。真空パックのようにパッケージされているものもあるようですが、クリーニングや洗濯して圧縮袋にいれないといけなさそうですね。

家庭での利用向け

毛布の他に、エマージェンシブランケットも紹介します。これは、ざっくりいうとアルミのシートです。保温性が高いのと、とてもコンパクトなところです。

会社などへの備蓄

大量に買えるセットもののです。

また、使えるように圧縮袋!!

圧縮袋って意外と高いんですよね。しかも、真空パックにするためには掃除機が必要ですが、手動ポンプも売っているようです。ただ、圧縮袋に入れるときは電気などが開通しているはずだから必要はなさそうですが・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA