モバイルバッテリーで光るアウトドアや災害時に役立つ防水ロープ型LED照明-Luminoodle-

アウトドア・災害時 ,

アウトドアなどはランタンを使って夜を楽しみますが、その燃料となるガスやガソリンが意外と高いんですよね。最近では、LEDタイプの照明が出てきておりますが、ちょっと雰囲気が物足りない・・・これは悩む。そんな中、おしゃれなLED照明が売っていました。

その名は、Luminoodle (ルミヌードル)

まずは、PVをご覧ください。

開発元:Luminoodle-LEDライトが、ロープになった。-

いろんなシーンで使い勝手がよさそうで、アウトドアや災害時にも活躍する!!

防水で振り回しても壊れないしっかりした製品のようで、モバイルバッテリーがあれば、いろいろな場所で照明として使うことができます。

キャンプや停電の時や夜歩くときの防犯として役に立つこと間違いなし!!

Kickstarter(クラウドファンディング)で実現した商品のようです。Kickstarterって、いろいろなアイデアの製品あり見てるだけで面白いです。

しかも、付属のポーチに入れればランタンとして使えるなんてすばらしい!!

日本のクラウドファンディングであるmakuakeでは、今、その進化版で15色に変化するバージョンを先行販売していたようです。

今、販売されているのは、1.5m,3.0m+バッテリーパック

現在、購入できるのは1.5m/3.0mの2種類とそれぞれにバッテリーパック版があり計4種類です。

luminoodle_cap-jp

LuminoodleHPより

Luminoodle 1.5m(2016.11.18時点 ¥3,866)
Luminoodle 1.5m +バッテリーパック(2016.11.18時点 ¥17,100)
Luminoodle 3.0m(2016.11.18時点 ¥4,946)
Luminoodle 3.0m +バッテリーパック(2016.11.18時点 ¥19,740)

バッテリーパックがありますが、正直、Ankerなどのモバイルバッテリーを購入した方が安く済むかと思います。バッテリー自体にLEDライトが付いているのは素敵なのですが、ちょっと高いかな。

どっちがいいのかな、そして、点灯時間は?

バッテリーパックの4400mAを利用した場合だと

1.5m 6時間
3.0m3時間

のようです。

1.5mと3.0mがありますが、値段も1000円しか違わないので3.0mでもいいのかなと。ただ、長さが2倍なので消費電力も2倍だろうからちょっと悩みますね。ただ、最近のモバイルバッテリーは大容量があるのでそこまで気にしなくてもよいのかな。

詳しい仕様に関しては、こちら

モバイルバッテリーのほかに、ソーラーパネルも一緒に購入すれば、日中モバイルバッテリーを充電し、夜はLuminoodleで明るく過ごせますね。

モバイルバッテリーやソーラーパネルに関してはこちらをご覧ください
バックパッカーや災害に重宝するコンパクトソーラー充電
旅には欠かせないモバイルバッテリー

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA