新白河原人ウーパ!が好き

書籍&Kindle 

将来は、山間に自分で土地を開墾し、家を建て、家庭菜園などをやって暮らしてみたいなぁって思っている人にうってつけのマンガです。たまたま、本屋で立ち読みしたのがこちら「守村 大さんの新白河原人 ウーパ!」です。長年マンガを描いていられるようなのですが・・・・存じ上げませんでした。

自力でログハウスやサウナを建てる!!

新白河原人 ウーパ!

30年近く漫画を描き続け、気づけば齢47になる漫画家・もりむら。次回作のアイディアを練っていたある日、とんでもないことを思いつく。それは、電気もガスも水道もない未開の山で、自給自足の“原始生活”を送ることだった!Amazonページより抜粋

すべてのほぼほぼ一人で自給自足の生活をしているエッセイ漫画です。一言でいうと、面白い。物を作るのが好きな人にはたまらない内容です。
ログハウスを建てるまでは、テントで暮らしトイレは山でする。最近は、田舎暮らしといって田舎に憧れて引越してきましたというのが流行ですが、その程度の気持ちではできない暮らしをしています。購入した土地は、木などで荒れ放題、それを重機などを駆使して更地にし、家を建てるというところまでやる人はあまりいないと思います。まさに、開拓です。

第1巻は、主に土地探しと開拓、そしてログハウスを建てる話です。巻数増えるごとに、どんどんいろいろな事に挑戦し、暮らしを満喫しています。東日本大震災にあわれたときの話も後々にでてきます。

行き当たりばったりでやっているところもあるけれども、それを楽しんでいるマンガです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA