旅には欠かせないモバイルバッテリー

 , ,

前回の記事でNikonのバッテリーをUSB充電できるリチウムイオンバッテリーの充電器を紹介しましたが、USB充電するための旅にもって行きたいモバイルバッテリーの紹介です。

以前は、モバイルバッテリーといえば、エネループだったと思います。実際、私も昔から使用しています。このモバイルバッテリー、ポケモンGOの影響なのかAmazonさんでは売り切れ続出でした。

ポケモンすげぇ~。一時期、ピカチュウが地縛霊になった猫に地位を奪われていましたが、王位の座を奪還しましたね。

機内持ち込みは注意。でも、そこまで心配することではなさそう

ふとFacebookでモバイルバッテリーの機内持ち込みで注意を受けたという方の話を思い出して、調べてみると、機内持ち込みに制限があるようです。

詳しい情報関しては、記事最後に紹介しているサイトを是非ご覧ください。
読んでみるかぎ、モバイルバッテリー1、2個持っているぐらいでは問題ないと思います。

モバイルバッテリーのワット時定格量が160Wh超えなければ大丈夫
ちょっと気になるのが、モバイルバッテリー1個に対してなのか、合わせてなのかがわからない。

ちなみに、スーツケースなどに、裸のまま入れているのは厳禁!!

旅となると、いくつか予備バッテリーを持っていくことがあるかもしれないです。ただ、スーツケースにバッテリー丸裸で入れて預けるのはNGのようです。
衝撃とかなんやらで破損する危険性があるため。基本は、機内持込がよさそう。

ワット時定格量 Ah の調べ方

計算式は、
ワット時定格量 (Wh) = モバイルバッテリーに記載している値 (Ah) × 3.7(電圧V)

通常、モバイルバッテリーは、mAhと記載されているので、1000で割ってください。(Ahに単位をあわせるため)
また、電圧が3.7は、リチウムイオンバッテリーの場合です。

1000mgを1gに直すようなものですね。

これから、紹介するモバイルバッテリーにAhに計算した値も入れるので参考にしてください。
値を見ていただければ、たいしたことがないと思います。

そんなモバイルバッテリーですが、実は、私はAnker推しです。なぜならば、パナソニックのセル(電池にあたる部分)を採用しているからです。パナソニックは、セルの評判いいです。何より、同じようなパナソニックのモバイルバッテリー(エネループ)を買うとべらぼうに高い。しかし、Ankerはお得。
なので、Ankerばかりの紹介になるのでご了承を・・・。

なによりAmazonでAnkerが直接販売しているのがいいですね。

旅にもって行きたいモバイルバッテリー
Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ

飛行機機内に、モバイルバッテリーは持ち込めるのか?旅のガジェット術

意外?飛行機でのモバイルバッテリー持ち込みは要注意!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA