どさんこ・子育て特典制度(札幌市)

日常 ,

どさんこ・子育て特典制度(子育て支援パスポート事業)というものがあるらしい。札幌市では、どのようにしたら利用できるか問い合わせをしてみました。カードを受け取るなどに関しては、お住まいの健康センターや役所(こども未来局)にお問合せを必ずしてから行くことをおすすめします。
2016.6.14無事にGETしました。その記事はこちらから

2017.03.24誤字・脱字などを修正

どさんこ・子育て特典制度とは

内閣府の少子化対策の一環

子育て支援パスポート事業の全国共通展開について
内閣府では、社会全体で子育て世帯を応援するため、既に実施されている「子育て支援パスポート事業」について、各都道府県と協力し、平成28年4月1日から子育て世帯が現在居住する地域(都道府県)に加え、全国の他地域でもサービスが受けられるよう強化していきます。
各都道府県から地域の店舗等へご理解・ご協力を得て、子育てへの社会的機運を醸成していく事業です。平成29年4月までに全都道府県で全国展開が実施できる予定です。
(内閣府ページ(http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/passport/pass_tenkai.html)より抜粋)

とのこと。

全国で行われている事業のようで、それらをどこでも使えるようにするということみたいですね。

知らなかった。

全国で名称が違う

全国で共通化をするということで、各地で名称が異なるようです。
全国の名称は、こちら(内閣府http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/passport.html)

北海道は、「どさんこ・子育て特典制度」(リンクに関しては、トップしかリンクしてはだめよと記載されているので貼っていません)

使い方は

各市町村から認証カードというものが配布され、それを対象のお店で掲示

サービスの内容は

リンクが貼れないので「どさんこ・子育て特典|子育てに関する主なサポート・施設」と検索すると北海道内での使える場所のリストがあります。

ざっくりみましたが、あくまで民間施設利用での割り引きや粗品プレゼントがあってなかなかよさそう。ただ、円山動物園とか芸術の森とかも入れてほしかった。そして、滝野すずらん公園とかがない。

ただ、どうやって手にいれる?(札幌市・乳児の場合の情報を得るまでの流れ)

北海道のHPには、市町村によって配布方法が違うと書かれています。

とりあえず、北海道庁に電話したところ、「市町村で配布が異なるため、市の方にお問合せくださいと。」
HPと同じ回答でした。理由としては、札幌市は、児童数が多いため、配布の仕方が異なるんだと。

電話する前に、札幌市のHP内検索で「どさんこ・子育て特典」と入れても出てこない。

よくわからん。

そして、札幌市コールセンターへ
北海道に問い合わせした内容を説明したら

「配布に関して、コールセンターでは情報を持ち合わせていなくて、保健センター(母子手帳に関連するため)に電話してください」
「どさんこ・子育て特典って何?」って反応。

そして、自分が住んでいる近場の保健センターへ

「札幌市の別の部署に電話してください。」

「でも、道と市に直接電話して、母子手帳関連の保健センターに問い合わせてくださいと・・・・」といったら、

「また、市や道にかけなおすのもあれですから、こちらで、確認して折り返し電話しますね~」

と素敵な対応していただきました。

その後、すぐにお電話をいただきました。

その結果

「2016年4月から実施された事業」とのことで、告知とかはあまりしていないようです。
・・・・・・・。

ただ、配布方法に関しては、きちんと教えていただきました。

札幌市でゲットする方法(乳児の場合)

保健センターで配布されることで、2016年5月中旬以降からのようです。(たぶん)

定期検診の際に配布される。(ただ、2016年4月以降からは、検診や母子手帳交付などの人には配布しているよう)
定期健診などの予定がない場合は、保健センターに赴けばいただけるようです。
それ以外の子は、こども未来局に連絡

とりあえず、札幌市の場合は、「子ども未来局」が担当部署とのことです。

結果としては、2016年5月下旬から保健センターでいただけることはわかりました。
しかし、乳幼児以上の子どもは、どのようにもらえるかがわからないので、お住まいの保健センター子ども未来局にお問合せするのが一番!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA